Uncategorized

CBDオイルはペットにも効果・効能がある?

Written by Komorebi

CBDは犬猫等のペットの様々な疾患にも効果があると言われており、CBD入りのペットフードや、ペットの食品や水に加えて摂取させられるペット用のCBDオイルやCBDカプセルなども販売されています。日本で有名なものには、CBDオイルペットバイタリティー等があります。 

人間のみならず全ての哺乳類にはエンドカンナビノイドシステム(ECS)と呼ばれる身体機能があります。ECSは、体外環境に変化が起きても体内環境を一定に保ち健康に保とうとする働きのことです。身体はウイルスやバクテリアからも、このECSの働きによって守られる、または影響を受けても健康な状態に回復することができます。

ECSは、呼吸器系、循環器系、消化器系、排泄系、神経系、内分泌系、骨格系、免疫系など全身のあらゆる系統の調節・維持をしていて、身体を健康に保つための非常に重要な役割を果たしています。

CBDやCBDオイルは、このECSの働きを高める作用があることが報告されています。

犬や猫を含む全ての哺乳類には、人間と同じようにECSが存在していることが分かっており、CBDがペットの疼痛や発作、不安、睡眠、食欲の改善に役立ったという報告が多くあります。

CBDのペットへの副作用

CBDはペットにも比較的安全に使用できると考えられていますが、マイナーな副作用が出る場合があります。ある研究によると、犬に対しては副作用として下痢と一部の肝臓の酵素の上昇が見られただけで安全だと判断されましたが、には下痢と酵素上昇に加えて舐めや首の揺れが見られたと報告されました。

このように、リスクがあることや、副作用が現れる可能性があることは覚えておかなければいけません。特にTHCは悪影響がある可能性が高いため、THCが含まれない製品を入念に選びましょう。

CBDはペットの癌・てんかんにも効果がある?

参考記事:CBDオイルの癌治療効果について

CBDは人間の癌の疼痛緩和に用いられていますが、犬猫の癌の疼痛緩和への効果については、残念ながらまだ研究段階です。

てんかんについては、特定の種類のてんかん発作のある犬にCBDを摂取させたところ、従来ある抗てんかん薬と同程度の効果があったという研究結果があります。

CBDは日本の動物病院でも取り入れられている

CBDオイル等のCBD製品は、日本国内の動物病院でもすでに治療に取り入れられています。その効果はまだ研究段階とはいえ、一定の効果が認められている指標となる事実でしょう。

About the author

Komorebi

Leave a Comment