Uncategorized

CBDオイルは違法?合法?

大麻草から抽出した成分で製造されるオイルであるCBDオイル。様々な健康効果があることはこちたの記事でも説明している通りですが、当然、「違法ではないのか?」「逮捕される危険性はないのか?」といった懸念が出てくることと思います。

結論から述べると「合法な商品と、違法になってしまう商品がある」ということです。では、どこで道が分かれてしまうのか?これは主に、商品に含まれる成分によります。

問題は「THC」という成分

大麻草に含まれ、健康効果について注目を浴びているのは「カンナビノイド」という成分です。実は、このカンナビノイド、80種類もあります。CBDオイルの名前にも冠されている「CBD」もこのカンナビノイドの一種で、正式名称は「カンナビジオール」です。カンナビジオール(CBD)は日本でも合法であり、また、大麻草の有名な精神作用(酩酊状態になる、ハイになる…いわゆる、キマってしまう)や危険性はありません。むしろ、心を落ち着かせる作用が実験で確認されています。

80種類あるカンナビノイドの内、問題となる精神作用を引き起こす効果を持つのは、「テトラヒドロカンナビノール(THC)」のみです。そして、日本や他の国で法規制の対象となっているのもこのTHCの方なのです。日本では大麻取締法で禁止され、規制対象となっているのはTHCです。このTHCが含まれていると違法、含まれていなければ合法、ということになります。

CBD自体には危険性は無い

CBDオイルをはじめとしたCBD製品で主な有効性成分とされているCBDには、日本でも、そして他国でも法的な危険性も、健康面での危険性も無いはずです。いわゆる大麻の効果として知られる気分の高揚感といった作用もありません。インターネット上でたまに見られる「CBDオイルでハイになる」といった記事で扱われているのは、上記のTHCが含まれる製品です。

CBDはあまり副作用が無いことでしられていますが、摂取しすぎたり、合わない使い方をした場合、強い眠気、下痢、食欲減退、イライラ感といった副作用がある場合があります。

安全な商品を信頼のおける販売店で購入すること

トラブルを避けるには、国の許可を得て営業している、信頼のおける販売店で、危険成分(THC)が含まれていないと保証されている製品を購入することです。個人から購入することだけは、絶対に避けてください。

正規代理店等の安心できる販売店で安全な製品を購入すれば、CBDオイルは決して危険なものではなく、体に合いさえすれば、素晴らしい効能・効果を得られる可能性がある製品なのです。

About the author

Komorebi

Leave a Comment